容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

中性脂肪をなかったことにしてしまう最強食材「ホタルイカ」 脂肪肝に効くことは前立腺炎にもいい?!

  1. 2012/04/15(日) 17:24:57|
  2. 前立腺炎|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
中性脂肪をなかったことにしてしまう最強食材を発見!」という記事によると、

“富山湾の神秘”と呼ばれるホタルイカに脂肪肝を改善する効果があることが、富山短大食物栄養学科の竹内弘幸准教授の研究グループによる実験で初めて実証されました。

同研究グループによると、ホタルイカを与えたラットは、通常の餌を与えた時に比べ、肝臓の中性脂肪量が平均で3割減少し、また、血中コレステロール濃度も、2割減ったと突き止めました。

人間にも効果があるかどうか、また、有効成分の特定には、これからの研究課題と話していますが、有効成分が見つかれば、脂肪肝の治療につながるかもしれません。

今回はこの脂肪肝対策についてお伝えしていきます。

■そもそも脂肪肝とは何?

脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎによって、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まる状態です。言わば、“肝臓のフォアグラ化” “肝臓の肥満症”とも言える状態です。

肥満だけではなくさまざまな生活習慣病を引き起こす脂肪肝。特に現代では、30代〜40代を中心に増えつつあります。

■脂肪肝にならないためには?

中性脂肪は、どうして、皮下や内臓に溜まるのでしょうか。肝臓に脂肪をつけすぎない大切なポイントをご紹介します。

(1)脂肪肝に良い栄養素を摂る

脂肪肝に良い栄養素はタウリンです。血中コレステロール値を下げるタウリンが肝臓に入ると、肝臓内の中性脂肪を取り除き、肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれます。タウリンを多く含む食品は、牡蠣(海のミルク)です。

(2)低カロリー・低脂肪食にする

脂肪肝の大きな原因である肥満を解消するためには、まず、食事の見直しから始めましょう。バランスのとれた食事・低カロリー食・低脂肪食が大切です。食べ過ぎは厳禁です。腹八分を心がけましょう。

(3)良質のたんぱく質を摂る

たんぱく質を摂取しないと、肝臓から脂肪が出にくくなってしまいます。つまり、肝臓に脂肪がいつまで残っている状態になってしまうのです。

(4)アルコールの飲みすぎを止める

適正酒量(純アルコール量)を目安にすると良いでしょう。適正酒量は、一般的には、女性で10g/一日と言われています。ビールで言えば中ビン1本、日本酒で言えば1合くらいです。

(5)ストレスをためない生活を過ごす

精神的なストレスにより、活性酸素が溜まることによって、肝臓にも悪影響が出ると言うことも分かっています。

(6)適度な運動をする

ウォーキングやスクワットなどの有酸素運動が良いでしょう。無理なく続けられ、心拍数が激しくならない程度の運動をすることです。

いかがでしたか? 中性脂肪が引き起こす脂肪肝。自覚症状がないので、定期的な検診を受けることも大切です!

今後のホタルイカの知られざる力を期待したいですね!


とのこと。


だけど、どれも前立腺炎にも効きそう!


他の「男性の病気」関連ブログをチェック〜♪
にほんブログ村 病気ブログ 男性の病気へ

<<  祝〜♪ 乳首に詰まっていた白い脂肪がとれました〜♪  |  ホーム  |  長時間座るのはやっぱりよくない?!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ienai.dtiblog.com/tb.php/50-5fc9a620

DTIブログって?